◆100回失敗、50億失ったバカ社長の「成功の反対は失敗ではなく、何もしないことだ」

ブログ

最新のお知らせ  


2020年3月24日 : 3/24 新月メルマガ

夜明け前が一番暗い! 夜明けと共に人類の輝かしい未来が・・・

2020/3/24(火) 杉山春樹 新月メルマガ

月二回の満月と新月のメルマガをお読みいただき感謝しています。
幸せに生きる達人杉山春樹です。
-------------------------------------------------------
おはようございます。
新型ウィルスの影響で、経済が大変な中ですが、
文科省関係者からの依頼で、人類の未来に向け
新潟の大学支援に行ってきました。

ウィルスの関係で誰もいない大学の敷地に立ち、
世界からの留学生とともに未来を創る若者を
描いて帰宅しました。

------------------------------------------------
■『「なぜ?」が、世の中を目覚めさせ、新しい文化をつくる』
------------------------------------------------

コロナウイルス感染の影響で株式の乱高下が止まりません。

トランプ政権が107兆円規模の経済対策を発表しても

ニューヨーク証券取引所では昨日、3年1ヶ月ぶりに2万$を割り
日本でも昨日の終値は17000円を割込んでいます。


日本政府も景気対策として事業主に対する貸付緩和や
生活困窮世帯に対する公共料金や税金の支払い猶予を発表。

また、国民への現金給付の検討もしているようです。
現金を頂けるのは嬉しいですが、それが最善の方法なのでしょうか。


世界に、日本酒ブームをつくった「獺祭」は
コロナウイルスの影響で売上が半減しました。

そこで、桜井博志会長は、この危機をチャンスに代えるべく
自宅に居ながら「お酒」の楽しめる

「ネット宴会」を企画し大成功したそうです。


「自宅でネットを通じて、見知らぬ人たちと酒を交わす」という
新しい文化を生み出そうとしています。

この様に、景気対策は、未来につながる新しい文化を創造する思考と
それを支援する仕組みが大切だと思います。


今日は常に常識に疑問を持ち、新しい文化を創り出していった
素晴らしい女性の物語をお贈りしましょう。


12歳の少女は母親が死に、父に捨てられ、孤児院に入る。

孤児院を出た彼女は裁縫の仕事についた。

そして、趣味でつくった帽子のデザインが認められ、
27歳で帽子専門店を開店。

30歳、服飾小売店を開店。

33歳、デザイナーとして、
オリジナル・ブランドを発売することになる。


当時、女性はコルセットをつけて、重いドレスを着て、
おとなしくしていることが当り前だった。

彼女は自分自身に問いかけた。

「なぜ、女性は窮屈な服装に耐えなければならないのか?」

彼女の「なぜ?」は、世の中を目覚めさせる
黄金の答えを導き出した。

その結果、シンプルで着心地がよく
ムダのないドレスが誕生した。


さらに彼女は問いかけた。

「なぜ、女性はドレスを着て、
おとなしくしていなければならないのか?」

この疑問から、軽快なパンツ・スーツのスタイルが誕生した。

彼女の疑問は、当時の女性の価値観を変え、
女性が社会で活躍するきっかけとなった。


そして、さらに彼女は

「なぜ?香水はどれも同じ香りなのか?」と言う疑問から
いろいろな香水の試作品が誕生した。

彼女は、そのうちの10種類の試作品を
お店の顧客に無料でプレゼントした。

すると、それが大評判に。

とくに、人気だった試作品のひとつを
百貨店で販売することになる。

その試作品は5番目にできた製品なので
名前を『NO.5』とした。


そう、彼女の名前は「ココ・シャネル」

ドレス嫌いで、ショートヘアのファッション界の革命児は

常に「疑問」を投げかけ、
世の女性に「質の高い人生」を与えつづけた。

彼女は、常に「古い価値観にとらわれない」を信条に
「女性の体と心を開放させる」というビジョンを達成したのだ。


「なぜ?」は、世の中を目覚めさせる。

黄金の答えを引き出してくれる。

あなたの「なぜ?」を、もう一度、書き出してみよう。

世の中は、目覚めるときを待っているのだ。

そして、「なぜ?」は・・

あなたの人生を変革させるのだ。


(『夢を叶えた人々』より)


彼女は、いつも「なぜ・・?」「なぜ何だろう?」と
常識に疑問を投げ掛け新しい文化を創造していました。

私たちも「今、目の前にあるもの当り前」だと思うことに

「なぜ?」「どうして?」と
疑問を投げ掛けてみてはいかがでしょうか。


世界が大きく変わろうしている今だから、今まで見えなかった
新しいものが見えてくるかも知れません。

ですから、目に飛び込む光景に・・
耳に入る、数々の情報に・・

そして、今の常識に・・

「なぜなんだろう?」「どうしてなのか?」と口にしましょう。


「言葉はちから」です。

その口にした「なぜ?」の言葉で
「何か方法は・・?」と考え始めるのです。

すると、潜在意識が働いて「新しい発想」が生まれるのです。

その発想が「新しいもの」を生み出していくのです。

そして、自分の人生を切り拓き、大きく変えてくれるのです。


だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「なぜ?」「どうして?」」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、常識を疑いましょう。

すると、新しい発想が生まれて
それが、新しい文化、常識になっていくでしょう。

そして、自分の人生を大きく変えてくれることでしょう。

ですから、ブームではなく、新しい文化を創造し、
危機をチャンスに代え、未来を切り拓いていきましょう


**************************************
■杉山春樹 プロフィール等(講演用ページ)
http://www.haruki-s.com

では、次回の満月まで・・・
■□■□■□■□■□■□

2020年3月19日 : ラブライブが伊東店を応援

入口

店内

今日から伊東店でコロナウィルス対策体内からアルコールで消毒全品10%引きを実施
2020年3月19日 : 昨日マスクのまま娘の中学校卒業式に参列

昨日は全員マスクのまま中学校の卒業式に参加
無事娘も中学校卒業4月から高校生になる。
お父さんとして一安心だ❣
2020年3月10日 : 3月10日杉山春樹の満月メルマガ

関西テレビにて

2020/3/10(火) 杉山春樹 満月メルマガ

月二回の満月と新月のメルマガをお読みいただき感謝しています。
幸せに生きる達人杉山春樹です。
-------------------------------------------------------
おはようございます。
新型ウィルスの影響で、経済大変ですね。
この時期をどう乗り越えていくのか!
日々考えさせられています。

------------------------------------------------
■『知識、情報の絶対量が、質を高めてくれる』
------------------------------------------------
新型コロナウイルスの感染者が100の国・地域へと広がり
感染者数は10万人を超えました。

発生源の中国では新たな感染者数は減ってきていますが
人類に新たな脅威が迫っているようです。


その脅威とは、東アフリカで大量発生したサバクトビバッタが
海を越えて中東からインドや中国へ迫っています。

このバッタの大群は、1平方キロメートル当たりの集団が
1日に人間3万5千人が食べる穀物や果物を食い荒らします。

コロナの次は、食糧不足という危機が迫ろうとしています。


人類は、これらの危機をどう乗り越えるのでしょうか。
また、これらの危機をどうチャンスに代えるのでしょうか。

私たちは、今までも危機をチャンスに代えて進化して来たのです。
これからも、危機をチャンスに代えて進化したいと思います。

その為には、私たちが代らなければなりません。


今日は、テレビ等でコメンテーターとして活躍している
編集者で実業家の「箕輪 厚介(みのわ こうすけ)」氏の著書

『死ぬこと以外かすり傷』に「ピンチを乗り越える」ために
必要なことが書かれていましたのでご紹介します。


News Picksを読む
講演会などに通っている人を
「意識高い系」と揶揄する人がいる。

しかし僕は「意識くらい高く持て」と言いたい。

世の中の最前線で起きている動きに、五感を研ぎ澄ます。

意識のアンテナを4本バキバキに立てっぱなしにするだけで
リスクを未然に回避できる。

ピンチをチャンスに変えられる。


僕自身、社会人になった当初は単なる「意識高い系」だった。

僕が今、仕事をしている見城徹、秋元康、堀江貴文といった
人たちの出演番組や書籍、記事は一つ残らずチェックしていた。

先輩編集者である佐渡島庸平や佐々木紀彦は、
今では偉そうに絡んでいるが、

彼らの講演会があると必ず顔を出し、前のほうで聞いていた。


すぐに具体的な何かに生かせたわけではない。

はたから見れば意識が高いだけで、結局うだつの上がらない
一番痛い若者だったかもしれない。

しかし、どこかの時点で堰を切ったかのように、
それまで蓄積していた知や情報が繋がり、

僕のアイデアとなり噴き出していった。

行動に繋がっていった。


書籍の企画やプロデュースなどの結果を見て、
僕が次から次へと新しいことを

思いついているかのように見えるかもしれないが
あのころ徹底的に吸収していたものが大きい。

だから僕は、ビジネス書を読んでも意味がないとか

講演会なんかに行く暇があったら仕事をしろという
声を聞いたときに反論する。


「実際に手を動かすほうが価値はあるが、
これからの世の中がどこに向かうのかを

知っているということも極めて重要だ」と。

特に、ここ最近はそれが顕著になっている。

「知っている」と「知らない」の間には
とてつもなく太い川が流れているのだ。


(中略)


恵まれたこの国に生まれながら、スマホという世界中の
情報を知ることができるツールを持っていながら

「意識高い系」などと他人を揶揄し、
知ることすら敬遠する愚かな者になってはいけない。


スマホゲームで人生を消費するな。
知っているということが、いずれ必ず武器になる。

分断された世の中だからこそ、情報を浴び、知を獲得しろ。

意識くらい、高く持て。


(『死ぬこと以外かすり傷』より)


箕輪さんの「意識くらい、高く持て」

いかがだったでしょうか。

昨日「知識を智慧」に言うメッセージを贈らせて頂きましたが
やはり「知識を智慧」に代えるには「絶対量」が必要なのです。

知識や情報は、点と点が結ばれた時に「役に立つ智慧」となるのです。

ですから、最初は「絶対量」なのです。
その「絶対量」が「質を高めてくれる」のです。


また、人の魅力の一つに「引き出しの数」があると思います。


今、社会では「経済格差」が生まれていますが
この「格差」は「学びの差」から生まれると思います。

私は、現代ほど「学べるチャンス」が
誰にでも平等に与えられている時代はないと思います。

知りたいことは、瞬時に知ることが出来ますし
世界の動きを家に居ながらにして観ることも出来ます。

この様な便利な時代に生きて
それを利用しない手はありませんよね。

ですから、ピンチをチャンスに代えて進化、成長したいと思ったら

自分の意識を高く持って「この学びが、私を代える」
「この学びで、チャンスを手にする」とつぶやきましょう。


「言葉はちから」です。

その口にした言葉で「学ぶ姿勢」が生まれるのです。
その姿勢が、目の前のこと全てを学びとするのです。

その学びで得た情報と知識の量が、質を高めていくのです。
すると「ピンチ」も「チャンス」になるのです。

そして、人生を大きく代えることが出来るのです。


だから、今日も

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に

「この学びが、私を代える」と
「この学びで、チャンスを手にする」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、目の前のこと全てを学びにしましょう。

そして、学びの質を高めていきましょう。

すると、ピンチもチャンスに代わり
人生を望むものへと代えることが出来るでしょう。


**************************************
■杉山春樹 プロフィール等(講演用ページ)
http://www.haruki-s.com

では、次回の新月まで・・・
■□■□■□■□■□■□

2020年2月8日 : 明日の満月メルマガ作成





2020/2/9(日) 杉山春樹 満月メルマガ


月二回の満月と新月のメルマガをお読みいただき感謝しています。
幸せに生きる達人杉山春樹です。
-------------------------------------------------------
おはようございます。
新型ウィルスで世界中大変な時ですね!

私の知人ワタミ創業者で現在会長の渡邊美樹氏も
中国の店舗7店舗閉鎖を決めたと聞きます。

------------------------------------------------
■『危機や困難は、神様からの贈り物』
------------------------------------------------
「危機からの脱出」について考えたいと思います。


今日は、セルフイメージ・プロデューサー
古賀令子さんの体験をご紹介いたします。

人生には「上り坂」「下り坂」、そして「まさか」の
「3つの坂」があると言われています。

・とても調子が良い「上り坂」

・頑張っても頑張っても上手くいかない「下り坂」

・突然のピンチの「まさか」


実は私自身、大きな「まさか」を3回体験しました。

1回目は、大学卒業後、突然の家業の倒産。

2回目は、家業絶頂期の父の急死。

3回目は、私のビジネスパートナーの突然の蒸発。

今、振り返ると、その一つ一つが
「輝いている素晴らしい体験」でした。


ある大手企業の社長秘書に内定し、ルンルンだった私。

大学卒業と同時に家業の倒産の連絡。

父は非常に腕のいい家具職人。

でも頭を下げる事ができない頑固一徹。

瞬時に、天国から地獄へ。

考えた末、家業をたて直すには「私がやるしかない」

役割分担して、父は作る人、私はその他全般を分担し
二人三脚での再スタートでした。


考えられないような事が次々起りました。

何でこんな目にあわないといけないの!

「そう思う事」がたくさんありました。

今思えばその時に掴んだことは「一生の財産」です。

その時、掴んだ、最も大切な事。

それは「今、自分に出来る事で、最大限に貢献すること」


倒産直後で右も左もわからない中、家具を売り込むには

「トップメーカーの社長たちに引き立ててもらうこと」

そしてとった行動は?

それまでの家具の展示会は、ただ家具が並んでいるだけの
殺風景な雰囲気でした。

私は、それぞれの家具が、もっと引き立つようにと
家族だんらんがイメージできるように家具の配置をしたり

お花を飾ったり、お茶を運んだり
お客様に和んでもらう接客をしました。

そして忙しそうな他のメーカーさんの所へ
サッと行きお手伝いもしました。


そのうち、私が手伝うと
「売り上げがアップする」という評判が立ち、

展示会には必ず、お誘いがかかるようになりました。

そして、3年後にはトップメーカーに。


この体験は、その後の「まさか」が起きた時に
それを乗り越える大きな自信につながりました。

ジャズトランペッターの日野照正さんは

「ピンチはすべて神様からのギフト、ピンチが大きければ

大きいほどギフトも大きい」と言っています。

この言葉に、どれだけ励まされたか分かりません。

この「まさか」を経験する事で人間的にも大きく成長できました。

それまで、自己中心で消極的だった私。

それが、人の痛みが分かり積極的に変身。


もし、あなたに今「まさか」が起きているとすれば・・

会社の経営が上手くいかず「まさか」の事態になりそうなら

妻との関係がぎくしゃくしてて「まさか」の事態になりそうなら

突然、体調が崩れ「まさか」の事態になりそうなら、

それは「素晴らしいギフト」かも知れません。


今は、そう思えなかったとしても、何年後かには
「素晴らしい 経験だった」と思えるようになるでしょう。

ピンチは全て「神様からのギフト」です。

これは私の経験から、断言できます。


(古賀令子さんの言葉より)


いかがでしょうか。

危機や困難を「ギフト」と思って受け止めるか
なんで「自分ばっかり」と思って受け止めるかによって

その後の人生は、大きく変わると思います。

どちらを選ぶかは、自分次第です。


『現認謝行(げんにんしゃぎょう)』という言葉があります。

意味は「目の前に起こるすべて(苦難や困難)をありのままに認め
そのことに感謝をし、行動しましょう」というものです。

今回のウィルスの危機も・・、それに伴う困難も・・
神様からのギフトかも知れません。

私たちは、この困難解決のために「一致団結しなさい」
「もっと智恵を出しなさい」という励ましかも知れません。

そして、この危機から脱却した時には、
人類は更に進化、成長していることでしょう。

ですから「まさか」というピンチが起きたら

先ずは「有り難い!」「素敵なプレゼントをありがとう」と
言葉にして発しましょう。


「言葉はちから」です。

その発した言葉で「まさかのピンチ」に対して
「どうすれば」と考え始めるのです。

考えることでアイディアが生まれるのです。

そして、行動へとつながるのです。

その行動で、私たちは必ず、進化、成長するのです。

私たちは「無理」と発した時には思考が停止します。

しかし「どうすれば・・」と発した瞬間から
脳は動き始め、危機や困難を克服していくのです。

私たちは「危機や困難」という神様から贈り物を
「価値ある財産」に変えることの出来る動物なのです。


だから、今日も、

「言葉のちから」を信じて、

危機や困難が目の前に現れたら

明るく、元気に、

「ピンチはチャンス」と「どうすれば・・」の言葉を口に

ウキウキ、ワクワク、解決方法を考えましょう。

その方法を行動に移し、試しましょう。

すると、その結果に関わらず、
私たちは、必ず、成長、進化することでしょう。

その成長、進化で、危機や困難を解決していくでしょう。

そして、それが人生の大切な価値ある財産となるでしょう。


**************************************
■杉山春樹 プロフィール等(講演用ページ)
http://www.haruki-s.com

では、次回の新月まで・・・
■□■□■□■□■□■□


セミナーテーマ

■小規模・低投資ビジネスで、夢をつかもう

■飲食店開業セミナー

■消費電力・CO2削減「エアコン洗浄」加盟店募集

■多国語対応ホームページ製作事業

■誰でも加入できる福利厚生事業

■少子化対策相性診断カウンセラー募集

■医療ウイッグカウンセラー募集



セミナー・講演実績

■講演・セミナー実績
飲食店経営者時代から沼津商工会議所起業塾講師/夕張商工会議所「成幸体験談」/青森商工会議所「成幸体験談」/八戸法人会/秋田大曲商工会議所/大船渡商工会議所/一関商工会議所/仙台多賀城・七ヶ浜商工会/宮城仙南商工会/石巻商工会議所/釜石商工会議所/福島白河商工会議所/会津喜多方法人会/福島商工会議所/相馬商工会議所/茨城結城商工会議所/神栖商工会/八千代商工会議所/大多喜法人会/新潟朝日法人会/新潟五泉商工会議所/新潟名立商工会/堀之内商工会/新潟三条労働基準局/富山魚津商工会議所/砺波商工会議所/富山県南商工会/入替町商工会/上市町商工会/八尾山田商工会/埼玉三郷市商工会/春日部商工会/埼玉商工会議所浦和支部/埼玉県トラック協会/入間市商工会/東京恵比寿ムジャキフーズ飲食店セミナー/東京法律事務所アスカセミナー/中野区倫理法人会/東京輝塾/日本居酒屋協会飲食セミナー/相模原法人会/藤沢商工会議所/小田原箱根商工会議所/栃木県経営指導員研修1部2部/群馬長野原商工会/鬼怒川企業新春講演会/日光商工会議所/長野県GDS飲食店オーナー会飲食セミナー/静岡市中小企業応援センター/静岡商工会議所/小山町商工会/下田商工会議所/三島倫理法人会/沼津北倫理法人会/富士宮倫理法人会/裾野倫理法人会/三島未来塾/三島田方法人会青年部/伊豆市商工会/袋井商工会議所『生活衛生営業経営セミナー/滋賀ダイハツ幹部研修/滋賀近江八幡商工会議所/大阪輝塾/京都商工会議所/和歌山由良町商工会/上富田町商工会/海南商工会議所/岡山西大寺法人会/玉島法人会/瀬戸法人会/広島中小企業応援センター/山口商工会議所/鳥取倉吉商工会議所/愛媛保内町商工会/西条商工会議所/熊本人吉商工会議所/玉名商工会議所/宮崎日向商工会議所/佐賀伊万里商工会議所青年部/鹿児島商工会議所連合会飲食経営指導員研修/鹿児島商工会議所飲食店開業セミナー/他セミナー実績多数/フードサクセスセミナー飲食店開業セミナー/日本フードプロデュース協会世界に羽ばたくセミナー/小戸橋製菓創業100周年に向けて/東京電力沼津支店幹部研修/
山梨大月法人会/徳島大学常三島キャンパス/静岡法人会/静岡法人会南支部/広島府中商工会議所/会津若松法人会/函南町法人会/SBS静岡放送・静岡新聞幹部勉強会/ 全国商工会職員協議会/函館商工会議所/札幌商工会議所
富山商工会議所/浜松信用金庫経営塾/青森県鯵ヶ沢町商工会/青森県上十三法法人会/新潟中条町商工会/ 鹿児島県中小企業団体中央会/川口法人会/岡山大家塾/埼玉浦和勉強会/岡山備中西商工会/浜松21世紀塾/
東京中小企業中央会千代田支部/長野県商工会連合会/埼玉上尾法人会/東京大井町/浜松町副業、起業フェス/静岡会計事務所/喜界島商工会/沖縄経営者協会/伊万里迎賓館/同友会横浜/佐世保商工会議所青年部/etc 他企業からの依頼多数